ミリ波帯アンテナ(大容量高速無線伝送)

  • ミリ波帯アンテナ(大容量高速無線伝送)

特徴

1.小型・軽量化

電磁界シミュレーション、実測評価を繰り返し行い、E-Band(70G/80G)に対応した小型パラボラ式アンテナの量産化を実現いたしました。
E-Band対応の従来品が約7Kgしていたところ、約1.6Kgまで軽くしたことで、高所や狭所への設置が容易になっております。

2.コストを抑え大量生産にも対応

アンテナ特性に非常に重要な役割を持つ導波管を、金属成形(金型)で作製することに成功致しました。
それにより、コストを下げ大量生産できるようになりました。

3.検知範囲のコントロール

用途

1.光ケーブルの代替として特定の地点間において 1Gbps 以上の伝送が可能な対向型無線通信
システムや携帯電話システムのスモールセル化に伴う携帯電話基地局間の回線用として利用
2.災害時の緊急高速ネットワーク
3.イベントやライブなどの現場から中継
4.河川や港湾を横断しての高速ネットワーク
5.離島間高速ネットワーク
6.山間部や谷渡しなどの光ケーブルが設置困難な場所に短期間で高速ネットワークを構築

仕様・規格

使用周波数

71~76/81~86[GHz]

型式

双反射鏡アンテナ

利得(*1)

71~76[GHz] 39.5dBi(typ)

81~86[GHz] 40.5dBi(typ)

半値幅(*1)

1.5deg以下

偏波

直線偏波

VSWR

1.5以下

接栓

WR12

外径寸法

約 L260×W260×T(86)[mm]

重量

約 1.6kg

使用温度範囲

-33~55[℃]

備考

RoHS対応

(*1)アンテナ周辺の状況により、値は変わる可能性があります

電話番号:045−471−1371
メールでのお問い合わせはこちら

関連商品を見る

一覧に戻る
pagetop